SEO対策とは!?【アクセス解析の基礎】


このブログをご覧の皆さんは、アクセス解析を通じて自分のサイトについて何らかの改善を図りたい、という目的がある方がほとんどではないでしょうか。

アクセス解析について調べていると、早い段階で「SEO対策」という単語に出会うのではないでしょうか。

アクセス解析の目的の中でも、特にサイトへの集客面で、SEO対策は欠かせません。

しかし、SEO対策については様々なウェブページで語られていますが、いったいどのようなもので何をすればいいのでしょうか。

今回はそんなSEO対策について、まとめていきます。

 

そもそもSEO対策とは?

 

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。

GoogleやYahooなどの検索エンジン(検索サイト)検索をしているユーザーに向け、ページを最適化し検索結果で多く露出をすることでアクセスを集める一連の流れのことを指します。

これを簡単な言葉で言うならば、SEO対策とはYahooやGoogleで特定のキーワードで検索した際に自分のウェブサイトが上位に表示されるための対策のことです。

 

一般的に、ウェブサイトの訪問者の大半は、検索サイトから何らかのキーワードを検索した結果としてウェブサイトを訪れます。 そして、ネットショップなど、ウェブサイトを活用したサービスで収益を得る場合、アクセス数は収益に比例します。

 

こうした状況から見ても、検索時の表示の順位を上位に上げるためのSEO対策は、アクセス数を増加させるために非常に重要なことだとお分かりいただけるかと思います。

 

SEOの内部施策

 

 

SEOには大きく分けて、内部施策外部施策の2つがあります。

SEO自体が変化を続けていることもあり、それぞれに数多くの方法が存在していますが、このブログではそのうちの代表的なものをとりあげてみます。

 

まず、内部施策については、コンテンツの充実度や頻度、内部リンクの構造などの施策を指します。

 

様々な方法が考えられますが、ここでは代表的な施策として具体的に

・ キーワードを含めたタイトルの設定

・ パンくずリスト

の2点を取り上げます。

まず、キーワードをタイトルに含めるという点について。

ページのタイトルはGoogleをはじめとした検索エンジン側が非常に重要視している項目です。

ここに検索されたいキーワードが含まれていなければ検索エンジンでそのページが上位に表示されることは難しいでしょう。

 

次に、耳慣れない「パンくずリスト」について。

パンくずリストとは、ユーザーが今WEBサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりやすくするため、ウェブサイト内でのウェブページの位置をツリー構造を持ったハイパーリンクの一覧として示すものです。

パンくずリスト概要

この画像中の

パンくずリスト詳細

この部分です。

 

パンくずリストには、ユーザーの使い勝手のよさや表示順位を決める検索エンジンのロボットへの取り上げられやすさの向上、そして対策キーワードをアンカーテキスト(リンク付きのテキスト)にしやすく、ロボットによる評価を高めやすいといった効果があります。

作成の際にはあらかじめキーワードに基づき階層や分類を大まかに決め、カテゴリー名にSEOキーワードを入れることが大事です。

 

SEOの外部施策

 

 

では、外部施策とはいったい何なのでしょうか。

外部対策とは、WEBサイト内の改善ではなく、外部からWEBサイトの評価を高めるための施策を言います。簡単にいえば「WEBサイトに被リンク(他のサイトからのリンク)を集める対策」となります。

被リンクの数は検索エンジンのロボットがそのサイトの客観的な評価に用いる手段です。

外部のサイトからリンクされるということは、役立つサイトとして参照されているということですもんね。

その中でも、良質な被リンクの数は非常に重要視されます。

被リンクを獲得するためには、良質なコンテンツの配信に努めることが第一でしょう。

逆に、質の悪いリンクは削除しておかないと、被リンクの数が増えていく際にペナルティの対象となってしまいます。こまめにチェックしておきましょう。

 

まとめ―SEO対策には良質なコンテンツを!―

 

 

ここまでご覧になった方ならお分かりかと思いますが、様々に存在するSEO対策のどれもが、良質なコンテンツの提供に帰結します。

内部施策はすなわちサイト内の充実度を高めるということですし、外部施策はコンテンツの充実によって他サイトからの注目を集めるということだからです。

SEO対策は日々変化を遂げつつ、今でも多様な方法が存在しています。

状況に応じた対策を取りつつ、まずは良質なコンテンツの配信に努めましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fifteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)