トラッキングコード(タグ)を設定しよう!【Google アナリティクスを使いこなせ!】


アクセス解析においてGoogleアナリティクスを利用していく際には、トラッキングコード(タグ)と呼ばれる設定を必ずしなければなりません。

この記事では、そのトラッキングコード(タグ)の設置方法について解説していきます。

トラッキングコードという言葉にはなじみのない方や初耳の方でも、この記事さえ読めばトラッキングコードを設置してGoogle アナリティクスを使いこなせるようになること、間違いなし!

 

トラッキングコードとは?

そもそも、トラッキングコードとはいったい何なのでしょうか。

これを読み解くためには、まずGoogleアナリティクスが作動する一連の流れを把握する必要があります。

 

Googleアナリティクスのデータ集めはユーザーがページにアクセスした際、そのページ内に組み込まれたGoogleアナリティクスのプログラムが作動することで始まります。

プログラムが作動することによってデータがGoogleのサーバーに送られ、Googleアナリティクスにデータが蓄積されていく、というメカニズムになっています。

「タグ」と呼ばれることもあるトラッキングコードとは、このデータ集めのメカニズムの中でページ内のGoogleアナリティクスのプログラムを動かすために必要なJavaScriptで書かれたコードを指します。

Googleアナリティクスでアクセス解析を行いたい全てのページに埋め込む必要があるのです。

 

 

手順① トラッキングコードの表示とコピー

 

では早速、トラッキングコードの設定手順をご説明しましょう。

 

まずはGoogleアナリティクスへログインします。

ログインすると通常は画面上部の「ホーム」タブのページが表示されていると思いますが、ここで「アナリティクス設定」のタブを選択し、自分のGoogleアカウントを選択します。

analytics-set1

そして、「プロパティ」タブの中にある「トラッキング情報」のタブの中から

analytics-set2

 

「トラッキングコード」を選択しましょう。

analytics-set3

 

すると、以下のような画面にトラッキングコードが表示されていると思います。(画像の赤枠内です。)

analytics-set4

この赤枠内のコードこそ、トラッキングコードです

全てコピーし、自分のメモ帳などに保存しておきましょう。

 

なお、この上部に「トラッキングID」なるものが表示されていると思います。

実は、トラッキングコードの文字列はどのプロパティでも基本的には同じで、このトラッキングIDが記載されている部分だけがプロパティごとに異なっているに過ぎません。

よって、トラッキングIDさえわかればトラッキングコードが構成できるのです。

(通常はコードのコピー&ペーストで十分なのですが)

 

手順② トラッキングコードの埋め込み

 

トラッキングコードのコピーが終わったら、解析対象のWebサイトの各ページのHTMLソースに埋め込んでいきます。

コードの埋め込み位置は、GoogleによってHTMLソース</head>タグの直前が推奨されています。

画像で示したように、コピーしたトラッキングコードを張り付けましょう。

analytics-set5

 

 

このようにトラッキングコードを計測対象としたい全ページのHTMLに貼り付けたら、作業は完了です。

 

コードの埋め込みによってアナリティクスが正しく作動しているかどうか、確認してみましょう。

先ほどのGoogleアナリティクス上のトラッキングIDが表示されている横に、ステータスが表示されます。

下図のように、「データを受信しています」という状態になれば、プログラムが正常に作動しています。

もし、このステータスがそれ以外の場合(「過去48時間以内に受信したデータはありません」など)の場合は、もう一度設定を見直してみましょう。

set6

 

 

まとめ

本記事ではGoogleアナリティクスでアクセス解析を行う際の下準備として、トラッキングコード(タグ)の設置方法を解説してきました。

Googleアナリティクスはそもそもトラッキングコードが正しく設置されていないと、分析もおぼつきません。トラッキングコードを正しく設置し、正常に動作することが前提です。

正しい設定をした上で、Googleアナリティクスを使いこなしていきましょう!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eight =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)