WordPressにGoogleアナリティクスを導入しよう!【誰でも簡単】


皆さんの企業のホームページのプラットフォームには「WordPress」が用いられていることが多いのではないでしょうか。

WordPressは機能が多く非常に便利ですが、ここにGoogleアナリティクスを導入しアクセス解析を行うためには何をすればいいのでしょうか。

この記事ではその手順について、ご説明します!

 

WordPress最大の特徴:プラグインとは?

 そもそも、WordPressの最大の特徴として、プラグインの存在が挙げられます。

他のプラットフォームを使用したウェブページでは、機能の追加や改善にHTMLCSSなどといった煩わしいフォームを作成する必要がありますが、Wordpressでは目的にあったプラグインを追加することによって、簡単に様々な機能を実装することができます。

 

WordPress初心者にとってプラグインを使いこなすためのハードルを上げている要因は、多くのプラグインが英語を使用している点だと思います。

が、最近では日本語版のプラグインも増えていますし、使いやすいプラグインを導入の部分まで紹介しているWebサイトも数多くあります。

もちろん、Googleアナリティクスを導入するプラグインも数多く存在しているため、あなたのWebサイトのプラットフォームがWordPressであれば簡単な手順でアクセス解析を実行することができます!

 

自分に合ったプラグインを使用し、よりWebサイトを改善していきましょう!

 

Googleアナリティクスを導入するプラグイン

それでは、WordPressにGoogleアナリティクスを導入するためのプラグインについて、具体的に見ていきましょう。

WordPressにGoogleアナリティクスを導入するプラグインは、実は数多く存在しています。

Googleアナリティクスの導入そのものを目的としているプラグインもあれば、
他の機能に付随して、ついでにGoogleアナリティクスを導入できるようにしているものもあります。

 

その中でも、当サイトでは

  • All in One SEO Pack
  • Google Analytics by Yoast

をおすすめしています!

どちらのやり方も紹介しますので、使いやすい方をご使用ください!

 

All in One SEO Packの設定方法

 

まずはAll in One SEO Packの設定方法をチェックしましょう。

1.トラッキングIDの収得

Googleアナリティクス内のアナリティクス設定から、analytics-set1

プロパティ→トラッキング情報

analytics-set2

→トラッキングコードの順にクリックしていき、

analytics-set3

トラッキングIDを表示する。(下図の「UA-○○○○」という文字列です)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0idjpg

 

2. WordPressにAll in One SEO Pack を追加する

WordPressの左サイドのメニューから、プラグイン新規追加を選択し、右上の検索窓からAll in One SEO Packを検索

allinoneseo

すると、All in One SEO Packが表示されるので、今すぐインストールをクリック。

allinoneseo2

インストール終了後に、プラグインの有効化をクリックする。

allinoneseo3

3.  トラッキングIDの入力

手順2が完了すると、WordPressメニューの左上All in One SEO が表示されますので、そこからGeneral Settingをクリックします。

allinoneseo4-1

すると、下図のようにGoogleアナリティクスIDを入力する項目がありますので、手順1で説明したトラッキングIDをここに貼り付けます。allinoneseo4

 

以上で、All in One SEO Packを使用したWordPressへのGoogleアナリティクスの導入は完了です。

All in One SEO PackはGoogleアナリティクスのみならず、SEO対策(YahooやGoogleで特定のキーワードで検索した際に自分のウェブサイトが上位に表示されるための対策)にも優れた効果を発揮する(というより、そちらがメイン)プラグインですので、必要に応じてより詳細な設定を行っておきましょう。

 

Google Analytics by Yoastの設定

 

次に、Google Analytics by Yoastの設定です。

設定手順は上記のAll in One SEO Pack手順2までは同様です。

プラグインを検索する際に、キーワードをGoogle Analytics by Yoastとしてください。

その続きから、確認していきましょう。

3. トラッキングIDの入力

WordPressの左メニューからAnalytics→settingsを選択し、設定画面を開きます。

すると、下記のような画面が表示されます。(General settings

 

google-analytics-by-yoast

まずはManually enter your UA codeにチェックを入れます。
これは手動でコードを入れるという意味で、チェックを入れるとGoogleアナリティクスIDを入れる空白が出てきます。
ここには手順1のトラッキングIDを入力しましょう。

4.その他の設定

上記の画像の下には、トラッキングIDの入力以外にも確認すべき項目があります。

まず、Track outbound click and downloadsにチェックを入れます。これは、外部リンクのクリック数を測るという意味です。

また、Ignore users はここにチェックされているユーザー以外のアクセスを除外するという意味で、管理者と編集者があらかじめ入っているので、そのまま触らないでおきましょう。

上記のGeneral Settingsの他に、Universal Settingsもチェックしておくとよいでしょう。

yoast

 

上の画像のように、Universal settings はとりあえず全てチェックを入れておきましょう。

 

Google Analytics by Yoastの優れている点は、サイト管理者のアクセスを除外してくれる設定がある点です。
例えば、Google ChromeでGoogleアナリティクスの設定をしている場合、Google Chromeのブラウザでアクセスしたデータはアクセス数としてカウントされない設定ができるのです。

サイト管理者、とくに運営の初心者の皆さんは、WordPressのサイト状況を確認しながら管理画面を触るということが多く、かつその時間も長くなります。

すると、その分、サイトの滞在時間が伸びてしまう傾向があり、Googleアナリティクスのアクセスデータが編集時の行動を取り込んでしまうと解析データがおかしくなってしまいます。

 

充実したWebサイト運営のためにはSEO対策も不可欠という点で、当サイトのおすすめはAll in One SEO Packですが、アクセス解析初心者の皆さんには、Google Analytics by Yoast も選択肢の一つとして考えてみるべきかもしれません。

 

Googleアナリティクスの作動確認

プラグインの設定を完了した後は、Googleアナリティクスの作動を確認しましょう。

まずは、リアルタイムレポートの確認です。

マイレポート一覧タブからアクセスし、下の画像のような画面が表示されればOKです。

realtime

 

これで基本的にはOKなのですが、念のため、翌日以後にあらためて、レポートデータを確認しておきましょう。

 

 

まとめ ~WordPressでもアクセス解析を!~

その利便性の高さから、様々なウェブページにWordPressが導入されていることと思います。

上記の手順でGoogleアナリティクスを導入すれば、WordPressを使用したホームページでのアクセス解析がすぐに実行できるようになります。

 

 

やや面倒な作業も多いかと思いますが、これさえ設定すればアクセス解析初心者の皆さんもGoogleアナリティクスを使えるようになります。

ぜひ、実行してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 13 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)